予防歯科

予防に勝る治療はありません

「予防歯科」とは、むし歯や歯周病になってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。欧米ではすでに「定期健診」を受けることが習慣になり、家庭では歯科医院で教わった歯磨きの方法を実践して、歯の健康維持を心掛けています。
日本では、10年ほど前からよく耳にするようになりましたが、実践している人はまだ少なく約20%ほどだと言われています。(予防の進んでいるスウェーデンでは約80%)
体験された方も多いと思いますが、ただ治すだけでは、むし歯や歯周病は再発します。そして、再発を繰り返すほど状況は悪くなってしまいます。こういう悪い連鎖を断ち切るためにも「予防」が必要なのです。

むし歯や歯周病から歯を守るための2つのケア

  • 「[プロケア]歯科医院での定期健診 お口のチェックと歯科衛生士によるクリーニング」「[セルフケア]ご自宅での毎日の歯磨き 定期健診などで得た予防法の実践」

プロケアとセルフケアを合わせて、生涯を通じて健康な歯でいるために「予防歯科」を始めましょう。
富士見歯科医院では患者様の大切な歯を守るために、ブラッシング指導から始まり、PMTC(プロが行うクリーニング)、必要に応じてフッ素塗布、シーラントなどの予防処置を行います。

PMTCとは
『Professional Mechanical Tooth Cleaning』の略で、歯磨きで落とすことのできない汚れや、プラークの元となるバイオフィルムを歯科医師、歯科衛生士が専門の機器を使って除去することです。PMTCの効果として、歯肉炎歯周病の予防むし歯予防口臭予防歯質強化などがあります。

当院の予防歯科のメニュー

1.ブラッシング指導

  • 歯垢を染め磨けていない部位をチェック

    歯垢を染め磨けていない部位をチェック

  • 正しいブラッシング方法を指導

    正しいブラッシング方法を指導

濃く染まっている所が歯垢(プラーク)で磨けていない所です。 『磨いている』と『磨けている』では大違い!
歯垢を染め出して、磨けていない部位をチェック。磨き残しができやすい場所に応じて正しいブラッシング方法を指導致します。歯磨きがすべての基本となります。『ブラッシング指導は必要ない』とお考えの方に、歯の長持ちはあり得ません。

2.PMTC

  • ペースト、ラバーカップ

    ペースト、ラバーカップ

  • ペーストで磨いている写真

    ペーストで磨きます

  • 綺麗なりました!

    綺麗なりました!

超音波を利用して、歯の表面や歯肉の中に付着している歯垢や歯石を除去します。次に、専用の清掃器具を使い、フッ素入りのペーストで歯の表面をツルツルに磨き上げ、歯を強化しながら歯垢の付きにくい状態にします。

3.フッ素塗布

  • 歯質強化(歯の再石灰化)を促す高濃度のフッ素を歯の表面に塗布します。フッ素には歯を強化するほかにむし歯菌の活動を抑制させる働きもあります。

  • フッ素塗布

4.シーラント

  • シーラント Before

    Before

  • シーラント After

    After

主に、乳歯の奥歯や萌え始めの永久歯の奥歯に行います。奥歯の溝は深く、形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が入りにくく、むし歯になるリスクが高い場所です。シーラントは奥歯の溝を薄いフッ素入りの樹脂で塞ぐことでむし歯を予防する処置です。